ナイトワークの悩み

もうキャバクラをやめたい…つらい・しんどい4つの理由と解決方法

あなたがキャバクラで働くようになったのはどうしてでしょうか?

・楽に稼げるイメージがあったから?
・将来のためにどうしてもお金が欲しかったから?
・容姿に自信があったから?

いろいろな事情があったかと思います。

確かにキャバクラはほかとくらべて、高収入なお仕事ですよね。

でも、お客さんを呼び込むために営業メールや同伴、アフターまで、実は一般の仕事よりも長時間働いている女の子も少なくない世界です(;´・ω・)

私も過去にキャバ嬢として働いていたんですが、お金がたくさんあっても精神的に負担が大きくてストレスフルな毎日でした。

今、キャバクラがつらい、しんどい、できればやめたいと思っているあなたへ。

今回は、どうしてキャバクラで働くのがつらいのか、そこから抜け出すための方法をご紹介します。

キャバクラをやめたい・つらいと感じる4つの理由

まずはどうしてキャバクラの仕事がつらいのか、やめたいと感じる理由を見ていきましょう。

出勤しても大して稼げないから

キャバクラで働くことを決めた人の多くは、普通に働くよりもたくさんお金を稼げるからじゃないでしょうか?

キャバクラは高時給だし、ナンバー入りすれば月収100万クラスもめずらしくない世界。

でもすべてのキャバ嬢が稼げるわけじゃないんですよね。

いっぱい出勤しても指名をとれなかったり、さらにお客さんとの同伴のために服を新調したり、ネイルや化粧品など自分磨きにかかるお金だけでもすごい金額になります。

こんなに仕事が大変なのに、稼いでもあんまり手元に残らない…。

キャバクラは指名をとればとるほど、お金もかかる仕事でもあります。

不規則で体の疲れがとれない

夜のお仕事は生活が不規則。

ほとんどの子が昼過ぎに起きて、朝になってから眠る生活を送っているんじゃないでしょうか?

いくら睡眠時間はとっていても、夜に眠れないのって疲れがホント~にとれないんですよね。

前の日のお酒も残るし、不規則な生活でお肌はボロボロ…。

疲れが抜けないから「今日仕事行くのダルイわ…(-_-;)」って、さらにキャバクラで働くのがしんどくなってしまいます。

知らない人と会話するのが苦手

お金のためにキャバクラで働きだしたのは良いものの、口下手で人見知りな性格の子もいます。

でも、仕事だからと無理に明るく振る舞ったり、たくさんしゃべったり、毎日精一杯がんばっていませんか?

私がキャバで働いていたときも、お客さんの前ではニコニコしていながら、仕事がしんどくて裏で泣いているキャストさんを見ることがありました。

不規則な生活による体のストレス、いろいろなお客さんの相手をしなければいけないストレス。

心身ともに病んでしまい、仕事をやめてしまう女の子だっている世界です。

指名やノルマのプレッシャーがある

キャバ嬢のお悩みで一番多いのは、指名がとれない、ノルマをクリアできないことではないでしょうか?

新人のころは良いんですが、キャバ歴が長くなるほど指名がとれない自分に本当にあせってくるんですよね。

後輩は順調に太客をゲットしてるのに、こっちは今日1本も指名客が入らなかった…。

となると、プライドもズタズタだしお店からかけられるプレッシャーで本当に心が病んでしまいます(´;ω;`)

自分はキャバクラに向いていない、そう思っても今この仕事をやめちゃっても次の仕事が見つかる保証がない。

そう思うとやめるにやめられなくて、ストレスを抱えながら働き続けることになってしまいます。

キャバクラをやめたあとの生き方は?

本当にこれ以上、キャバクラで働くのがつらい、自分には向いていないと思っているのなら、我慢するのをやめませんか?

精神的な病気になってからでは遅いし、いざ病気になってもお店は何も保証してくれません。

体と心が壊れてしまう前に、自分で自分のことを守ってあげましょう。

じゃあ実際にキャバクラをやめた後の女の子は、どんな道を歩んでいるんでしょうか?

私の周りにいた子は

・昼の仕事を探す(転職した)
・貯金を使って資格勉強・進学
・専業主婦になる

こんなパターンの子が多かったです。

でも昼の仕事に就くのが将来は安定するけど、いざ資格も職歴もないとすぐに仕事は見つからないんですよね。

「わかっていても貯金をそこまで持ってない。今すぐお金がほしいんだけど…」

「普通にバイトするだけじゃ収入が少なすぎる。」

そんなお悩みを持っている元キャバ嬢の子もいます。

進学したい、昼の仕事に就きたいけれどすぐに見つからない。

実際に私もキャバクラをやめてすぐはお金も激減して、好きなものが買えない生活にストレスを感じていました。

でも今私は、昼にOLをしながらそれ以上のお小遣いを隙間時間にゲットしてるんです。

キャバクラの接客技術を活かして「パパ」をゲットしませんか?

いきなり昼のお仕事をするのは心配、昼の仕事だけじゃあ収入が足りない。

そんなあなたにオススメしたいのは、サポートしてくれるパパを見つける方法です(^_-)-☆

パパ活はキャバクラ経験のある女の子だからこそ、大きく稼げるチャンスがあります。

パパ活の方法は、パパを探してデートをするのが基本的な流れ。

喫茶店でちょっとお茶したり、おしゃれなレストランでお食事デートしたり。

お金持ちのパパの話し相手になってあげるお仕事です。

「あれ?それってキャバの仕事と似てない?」と思いませんか?

パパ活は基本的に体の関係は持ちません。

援助交際とは違って、純粋にパパの食事相手、話相手をしてお小遣いをもらえるんです。

パパ活は自分一人でできるという手軽さが大きなメリット。

もちろん資格なんていらないし、必要なのは愛嬌とパパへの気遣いだけ!

お茶だけ、食事だけなら拘束される時間も長くて2~3時間。

キャバと違って服装もラフで良いし、夜だけじゃなくて日中にパパと会ってお小遣いをもらっている子もいるんです♪

パパ活はノルマもなければ生活が不規則になることもない

キャバクラの仕事で一番つらい、ノルマもなければ、生活が不規則になることもありません。

それでいて仕事内容はパパと楽しく会話することなので、キャバクラで接客経験のある女の子は、早くパパ活に慣れますよ。

もちろんいつでも始められるし、やめるのも自由です。

中には若いうちにパパ活だけで何百万、何千万も貯金して、学校に通ったり留学したり、夢のためにお金を使っている子もいます。

ちなみにパパは2人か3人くらいいて、長期の人もいれば一回だけお食事なんてパターンもあります。

キャバクラで働いていたころは、同僚のキャストと指名客についてトラブルになったり、ノルマに追われて気持ちが休まることがありませんでした。

でも今は自分のペースで、私のことを気に入ってくれるパパと二人だけで過ごせるので、人間関係の悩みもずっと少なくなったんです。

普通のOLに戻ったあとでも、パパ活は自分のペースで続けられるお仕事!

キャバは24歳くらいでやめる子が多いんですが、パパ活は30代の主婦でもやってる人がたくさんいるから、ずっと長く続けられますよ。

今、キャバクラをやめたい、しんどいと思っているのなら、その経験を活かして素敵なパパを探してみませんか?

まとめ

キャバクラって見た目は華やかなんですけど、キャスト自体は本当に大変なことがたくさんありますよね。

もしあなたがキャバクラから抜け出したい、でも収入が減るのが心配だと悩んでいるのなら、今できる方法としてパパにサポートしてもらうのはいかがでしょうか?

パパ探しは出会い系サイトやパパ活用アプリがおすすめですよ。

私が使っているのは次の3つのサイトとアプリです。

・ワクワクメール

パパ活専用じゃないけど、会員数が1000万人以上の大手出会い系サイト。

パパ活希望と書くと男性から連絡をもらえる。

私も登録してすぐ3通も「パパになってあげる」って連絡が来ました。

・ペイターズ

パパ活専用アプリ!
iphone専用だけど、最初からパパを探したい人向け。

・シュガーダディ

定額制で男性が月4980円支払いをしているセレブなサイト。

スタイルや容姿に自信のある子なら、一気に裕福なパパと出会えるチャンス!